色々あるワキガの治療法

ワキガの治療法

ワキガには様々な治療法があります。その中の一つに箭除法というものがあります。これは脇の皮ふを5センチほど切開して皮ふをひっくり返し、ワキガの原因であるアポクリン汗腺を確認しながら切り取っていく外科的手術です。施術時間は平均して1〜2時間で終わります。これは医師が汗腺を一つひとつ確認して丁寧に取り除くので効果が永久的に続き再発する心配がありません。そのためほかの施術法では効果が見込めない重度のワキガの方に対しておすすめな確実性の高い治療法です。しかしこの治療法のデメリットは、皮ふを切開するので5センチ程度の傷痕が残ることです。またダウンタイムといって日常生活に支障がない程度に回復するまでの期間はが長く、術後は1週間から10日ほど安静に過ごさなければなりません。箭除法以外の治療法では効果は箭除法よりは劣りますが、傷痕が残らない治療法やダウンタイムが3日程度の治療法があります。適切なカウンセリングを受けてワキガの程度や希望に合った治療法を選ぶことが大切です。