ワキガの原因

どうしてワキガになってしまうのか?

ワキガは、正式な名称を腋臭症といいます。腋の下から出てくる、鼻につく臭いを特徴とし、体質が原因と言われています。

日本では、患者は人口の1割程度で少ないですが、臭いが特徴的なため人に不快感を与える事も少なくありません。
汗の匂いであれば、汗を流し清潔を保てば解決されますが、ワキガは軽減は出来ても解決にならず、悩まれる方も多くみられます。
 
ワキガは、汗腺の中のアポクリン汗腺からの汗の分泌が主な原因となり、アポクリン汗腺の数が多いか、分泌量が多いなど特定の人に発生します。
本来、汗には臭いはないのですが、脂肪やたんぱく質などの含まれている物質が常在菌によって分解され、強烈な腐敗臭を発し、さらに皮脂が加わることで臭いは強まります。そして臭いの原因が腋に広がる事で、発散されていきます。
根本的な解決には、病院での治療が必要ですが、制汗剤や殺菌剤を使用する事で軽減はできます。ただし香水の香りとワキガの臭いが混じり悪臭を発する可能性が高いので、注意が必要です。
やはり解決には治療する事が求められます。最近の治療法には、マイクロ波を照射し汗腺のみを破壊する方法など、汗腺除去手術以外の治療法も確立されてきました。
本当に自分がワキガなのか、そうでなく別の原因があるのかは自分では判断できません。専門医による診断を受けることが、治療とケアの第一歩になります。