ワキガ臭の本質を考える

ワキガと汗は違うのか?

ワキガは、正式には腋臭症と言います。皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が強い臭いが特徴的となっています。欧米では約7割の人がワキガ体質であるため、あまり気にされていませんが、日本では人口の約1割となるため、集団によっては問題視される傾向にあります。いわゆる汗臭さは、エクリン汗腺からの汗の分泌により皮膚常在菌が増殖するために発生するものですが、ワキガはアポクリン汗腺からの汗の分泌による臭いとなっています。そのため、アポクリン汗腺の数や分泌量が多い特定の人にしか発生しません。入浴などにより体を清潔にすることで、ある程度の臭いは軽減されますが、根本的な解決とはなりません。根本的に治すには、アポクリン汗腺を除去する必要があります。その治療法としては、外科手術(剪除法)、ポトックス注射、マイクロリムーブ法、ミラドライなどがあります。剪除法は、永久的な効果を得られますが、ボトックス注射は3カ月から半年程度の間しか効果がありませんので、定期的に受ける必要があります。