食物とワキガの関係について  

Posted by info - 8月 14th, 2014

脂っこい食べ物ばかりを好んで食べているとワキガの症状が悪化します。実は、動物性タンパク質や脂質は悪臭を作る材料になりますので、そのような食品ばかりを摂取し続けていると、ワキガの悪臭が強くなります。逆に、野菜中心の和食を摂るようにしていると、ワキガの症状が軽くなります。ただし、和食中心の食生活にしたとしても、注意すべき点がいくつかあります。
たとえば、和食を作る際の調味料として白砂糖を用いることが多いですが、白砂糖を摂取しすぎるとワキガの症状が悪化しますので、気をつける必要があります。白砂糖には動物性タンパク質や脂質は含まれておりませんので、安心して多量に摂取する人が少なくありませんが、白砂糖を摂りすぎると活性酸素が大量に生成されます。活性酸素は体内に存在する脂質を劣化させて過酸化脂質に変えてしまいます。この過酸化脂質が悪臭の原因になりますので、白砂糖は摂り過ぎないように気をつける必要があります。糖分を摂る場合は、精製されていない黒砂糖などの方が望ましいです。

ワキガのセルフケア方法について  

Posted by info - 8月 14th, 2014

ワキガの悩みを抱えている人の中には、ミョウバン入りの制汗剤を使用している人が多いですが、皮膚の表面に存在している雑菌の繁殖を少しでも抑えるようにするのが効果的です。ワキガの悪臭は、アポクリン腺から分泌された濁った汗と皮脂が混ざり合ったものの中で雑菌が繁殖することによって起こります。あの悪臭は雑菌が繁殖する際に発するものですので、雑菌を繁殖させないようにするのが一番です。
比較的簡単に行えるセルフケア方法としては、脇の下の脱毛や除毛をあげることができます。雑菌は、湿り気があって暖かい場所を好みますので、脇の下の風通しをよくしてやることによって、その繁殖をかなり抑えることができます。ムダ毛が生えていると、どうしても蒸れやすくなってしまいますので、雑菌が繁殖しやすくなりますし、ムダ毛と皮脂が絡み合って余計に悪臭の発生を助長します。でも、脇の下のムダ毛をなくしてしまえば、蒸れにくくなります。また、滲み出た汗を簡単に拭い取ることができるようになりますので、ワキガの悪臭をかなり防ぐことができます。

ワキガとアポクリン汗腺が存在している理由

Posted by info - 8月 14th, 2014

ワキには、エクリン腺とアポクリン汗腺とがあります。このうちアポクリン汗腺から分泌される汗が酸化することで、ワキガが発生します。
アポクリン汗腺は、実はワキだけでなく性器にもあります。もともとアポクリン汗腺は、異性をひきつける匂いを発するために存在している汗腺です。匂いによって男女が結びつけば、性交渉によって子孫が生まれます。つまりアポクリン汗腺は、子孫を残すため、種族保存のためにあるわけです。
そのため女性は、妊娠しやすい排卵期には、よりアポクリン汗腺が活発になります。性器からもワキからも、強い匂いが出るようになるのです。
これは種族保存のために、身体がもともと持っている機能です。決して病気ではありません。しかし現代では、ワキガがあるとかえって異性に距離を置かれてしまうこともあります。そのため美容外科などでは、アポクリン汗腺を除去する手術がおこなわれています。アポクリン汗腺がなくなれば、ワキガは発生しません。
かつては種族保存のために必要だったアポクリン汗腺は、このように現代ではむしろ種族保存のために除去されるようになったのです。

ワキガの症状と年齢の関係について  

Posted by info - 8月 14th, 2014

ワキガの平均発症年齢は、女性が16歳、男性が18歳と言われています。多くの場合、思春期に症状が現れ、年齢を経るごとに症状が軽減していきます。つまり、ワキガの悪臭が最も強くなるのは20代から30代にかけてのことで、中年期以降は放っておいても徐々に臭いが弱まっていくようになっているのです。
なぜそうなっているのかと言うと、ワキガの原因の1つとなっているアポクリン腺からの汗の分泌量が中年期以降グッと減少するためです。そもそもアポクリン腺は性腺の一種であるため、一般的に生殖機能が衰えてくる中年期以降は、あまり活発に働かなくなるようになっています。
ただし、実際には、中年期以降にワキガの悪臭のピークが来ると考えている人が少なくありません。しかし、それは正確に言うと、少々間違っています。中年期以降は、俗に言うところの加齢臭が強くなります。その臭いをワキガの臭いと混同している人が多いのですが、全く別の種類の問題です。

ワキガの治療は保険適用されるのか

Posted by info - 8月 14th, 2014

ワキガの悩みを解消するためには、ワキの汗を小まめに拭き取る、体臭予防に役立つ石鹸を利用する、市販のデオドラント商品を利用するなどがあげられます。
軽い症状の場合はこれだけでも良い改善が見られる場合もありますが、重度の症状の場合は、こうした努力では対応できない場合もあります。
ワキガ治療には様々な方法がありますが、根本的な治療を行うなら、やはり手術で、原因となる部分を取除くこととなります。
そこで気になるのは、ワキガ治療は保険適用されるのかということです。
保険適用されると治療費もかなり抑えることができますが、適用される症状であるかどうかは、医師の判断によるものとなっています。
そして保険適用で行われる治療はほとんど剪除法で行われることとなります。
保険適用の治療では費用は抑えることができますが、手術後の傷が目立つ場合もありますが、こうした傷が気になるという場合は、美容外科などで行われている自由診療の治療を選ぶこともできます。

汗臭いのとは違うワキガ

Posted by info - 8月 14th, 2014

ワキガは、正式には腋臭症と言います。皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が強い臭いが特徴的となっています。欧米では約7割の人がワキガ体質であるため、あまり気にされていませんが、日本では人口の約1割となるため、集団によっては問題視される傾向にあります。いわゆる汗臭さは、エクリン汗腺からの汗の分泌により皮膚常在菌が増殖するために発生するものですが、ワキガはアポクリン汗腺からの汗の分泌による臭いとなっています。そのため、アポクリン汗腺の数や分泌量が多い特定の人にしか発生しません。入浴などにより体を清潔にすることで、ある程度の臭いは軽減されますが、根本的な解決とはなりません。根本的に治すには、アポクリン汗腺を除去する必要があります。その治療法としては、外科手術(剪除法)、ポトックス注射、マイクロリムーブ法、ミラドライなどがあります。剪除法は、永久的な効果を得られますが、ボトックス注射は3カ月から半年程度の間しか効果がありませんので、定期的に受ける必要があります。

ワキガを防ぐための簡単な工夫

Posted by info - 8月 14th, 2014

ワキガとは、ワキの汗から発生する独特の匂いのことです。
ワキは汗を多くかきますが、その汗が皮脂や雑菌と混ざることで、ワキガは発生します。つまりどれだけ汗を多くかいても、皮脂や雑菌と混ざらなければ、それはただの汗でしかありません。汗単体ではさほど匂うことはないわけです。
そのためワキガは、油っぽい食品を控えることで、ある程度防ぐことができます。また、脂肪分の吸収を防ぐ繊維質の多い食品を食べることも有効です。脂肪分が吸収されなければ、皮脂も過剰には分泌されなくなるからです。
そしてワキの衛生状態を良くしておくことも大事です。雑菌が繁殖しないように、こまめに汗を拭き取るだけで、効果があります。拭き取る際に、リンゴやレモンの果汁をしみこませたガーゼを利用すると、さらに効果的です。リンゴやレモンには、消臭作用と殺菌作用とがあるのです。緑茶にも、同じ作用があるので有効です。
ワキガがあると、それだけで人からの印象が悪くなってしまいがちです。そのため日頃から上記のような工夫をおこなっている人は多くいます。

箭除法というワキガ治療について

Posted by info - 8月 14th, 2014

ワキガには様々な治療法があります。その中の一つに箭除法というものがあります。これは脇の皮ふを5センチほど切開して皮ふをひっくり返し、ワキガの原因であるアポクリン汗腺を確認しながら切り取っていく外科的手術です。施術時間は平均して1~2時間で終わります。これは医師が汗腺を一つひとつ確認して丁寧に取り除くので効果が永久的に続き再発する心配がありません。そのためほかの施術法では効果が見込めない重度のワキガの方に対しておすすめな確実性の高い治療法です。しかしこの治療法のデメリットは、皮ふを切開するので5センチ程度の傷痕が残ることです。またダウンタイムといって日常生活に支障がない程度に回復するまでの期間はが長く、術後は1週間から10日ほど安静に過ごさなければなりません。箭除法以外の治療法では効果は箭除法よりは劣りますが、傷痕が残らない治療法やダウンタイムが3日程度の治療法があります。適切なカウンセリングを受けてワキガの程度や希望に合った治療法を選ぶことが大切です。

ワキガの原因と治療について

Posted by info - 8月 14th, 2014

ワキガは、正式な名称を腋臭症といいます。腋の下から出てくる、鼻につく臭いを特徴とし、体質が原因と言われています。
日本では、患者は人口の1割程度で少ないですが、臭いが特徴的なため人に不快感を与える事も少なくありません。
汗の匂いであれば、汗を流し清潔を保てば解決されますが、ワキガは軽減は出来ても解決にならず、悩まれる方も多くみられます。
ワキガは、汗腺の中のアポクリン汗腺からの汗の分泌が主な原因となり、アポクリン汗腺の数が多いか、分泌量が多いなど特定の人に発生します。
本来、汗には臭いはないのですが、脂肪やたんぱく質などの含まれている物質が常在菌によって分解され、強烈な腐敗臭を発し、さらに皮脂が加わることで臭いは強まります。そして臭いの原因が腋に広がる事で、発散されていきます。
根本的な解決には、病院での治療が必要ですが、制汗剤や殺菌剤を使用する事で軽減はできます。ただし香水の香りとワキガの臭いが混じり悪臭を発する可能性が高いので、注意が必要です。
やはり解決には治療する事が求められます。最近の治療法には、マイクロ波を照射し汗腺のみを破壊する方法など、汗腺除去手術以外の治療法も確立されてきました。
本当に自分がワキガなのか、そうでなく別の原因があるのかは自分では判断できません。専門医による診断を受けることが、治療とケアの第一歩になります。

ワキガについてのご紹介

Posted by info - 8月 14th, 2014

わきがは、アポクリン腺から分泌されている汗が関係していますが、この汗自体は無臭だとされています。皮膚表面の皮脂や常在菌などによって分解されることで臭いを発するのです。アポクリン腺からの発汗を抑制していく治療方法にボトックス注射があります。ボトックスはボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種だと言われています。アセチルコリン分泌を阻害することから一時的に筋肉を麻痺させる作用があります。ワキの下に注入することでエクリン汗腺の活動を抑制することから、汗の分泌を減らすことができるようです。汗腺自体を破壊するというわけではありませんので、永久的に効果が持続するというわけではありませんが効果は半年以上継続すると言われています。切開による手術療法に抵抗や不安があるという方などから、ボトックス注射治療は支持されているようです。マイクロレーザー法とボトックス注射を併用すると効果が持続すると言われているようです。